スマホアプリ作成サービス「アプレ-APPELER-」

もしかしたら役に立つかも知れない裏(ウラ)情報公開中!

見ないと損をするかも知れません・・・

メールマガジン好評配信中!

初めてホームページを持たれる方へ

現在、業種を問わず、多くのお店や企業がホームページを持っている時代です。
皆さんも何か調べたりお店を探したりする時にホームページを一度は見たことがあるのではないでしょうか?
「見やすくわかりやすい」「オシャレでカッコいい」ものもあれば「見にくい」「わかりにくい」「全然更新されていない」などのホームページもあったと思います。
しかし今度は皆さんがそのホームページをつくる番です。どんなホームページにすれば多くの人に見てもらえるか?興味を持ってもらえるか?
考えなければならないことが山ほどあります。気が遠くなりますよね?
でも初めてホームページを持つ人は皆さん同じです。ホームページ・インターネットに詳しい人はそんなにいません。
だからこそ、私たちのような業者がホームページ制作のお手伝いをさせていただいているのです。
まずは、「ホームページとはどういうものなのか?」をこのページをお読みいただきご参考下さい。

ホームページは事業成功への最初のステップ!

現代の情報化社会において、インターネットは世界的なインフラ(社会基盤)となっています。
総務省から発表されているデータでも、現在インターネットの利用者は日本国内では国民の3人に2人。成功している企業の99.5%以上がインターネットを活用しているという調査結果も出ています。
それだけ利用者の多いインターネットの世界ですので、「ホームページをつくる」ことは事業成功への大きなステップとなります。

なんでみんなホームページ持ってるの?

現代において、パソコンやスマートフォン等のの大幅な普及によりインターネットがとても身近な存在となり、「何かあればインターネットで調べる」というのが当たり前の時代になってきました。気になるお店があればそのお店のホームページを調べたり、欲しい物があれば口コミ情報を調べたり、そんなことが毎日世界中で行われているのです。
そんな時に「ホームページが無かったら…」どうなるでしょうか?
情報が無いのだから選択肢から外れ、知らない間にお客様を取り逃してしまいますよね?
これって非常に勿体ないことだと思いませんか?そんな機会損失を防ぐためにみんなホームページを持って事業を行っているのです。

【ホームページが「ある」「ない」が集客に影響する!】 具体的な例で考えてみましょう!

例えば、自分が旅行に行きたいと思った時にどうしますか?
まずは旅行代理店などにあるツアーパンフレットを見たり、インターネットで旅館や旅先のホームページを調べたりしませんか?
そして、旅館のホームページを見て「良さそうな旅館だな」と思ったら予約しますよね。
では逆にホームページが出てこない旅館だったらどうでしょうか?プランや内容がわからない旅館を予約しますか?
このように、ホームページが「ある」と「ない」では集客に大きな影響が出てくるのです。

どんなホームページを作ればいいの?

まずホームページを持つことが最初のステップですが、ただあればいいというわけではありません。ホームページは大切な企業・店舗の案内であり、信用媒体であり、広告媒体でもあります。見た目も大切ですし、しっかりと情報が整理されていて見やすい・わかりやすいなどの要素が無ければ、粗悪なものになってしまい、逆に信用を失ってしまいます。
見るお客様の立場になって考え、そこに自社のオリジナリティ(強みやイメージ)を加えることで他社と差別化された有益なホームページとなるのです。

ホームページをつくる上で考えなければいけないこと

□自社のターゲット層(客層)はどんな人たちなのか?
□どんな人たちが自社のホームページを見てくれるのか?
□自社のホームページを見る人はどんな情報を求めて見ているのか?
□ホームページを見て自社にどんな印象を持ってもらいたいか?
□ホームページを見た人にどういう行動をとってもらいたいか?(来店?お問い合わせ?)

ホームページをつくった後は?

せっかく苦労をして作ったホームページも見てもらえなければ意味がありません。
また、ホームページを見てもらっても情報が更新されていないホームページでは意味がありません。
ホームページをつくった後は「運営・更新・活用」が大切です。そう聞くと難しいイメージがあるかも知れませんが、難しく考える必要はありません。
ホームページは全世界の人たちに向けたお店・企業の大切な信用媒体ですので、まずは常に最新の情報を更新・発信し、多くの人たちに見てもらうようにすれば良いのです。

運営

ユーザーが求める情報は何か?などを分析し定期的に改善していきましょう!

更新

常に最新の情報やお得な情報などを更新しましょう!

活用

たくさんの人にホームページを見てもらえるように誘導していきましょう!
ホームページをつくる上で考えなければいけないこと

ホームページを作った後は、たくさんの人にホームページを見てもらう方法を考えましょう。
そこで利用するのが「クロスメディアマーケティング」という戦略です。簡単に言えば、いろいろな広告媒体を組み合わせてホームページへ誘導しましょう!ということです。よくテレビやラジオ、チラシや雑誌などで「続きはWEBで!」「詳しくは○○で検索」というフレーズを聞いたことがありますよね?それのことです。クロスメディアマーケティングは現在最も主流な広告戦略で、成功している企業の大半が利用しています。

世の中に「広告」と呼ばれるものはたくさんあります。例えばテレビ、新聞、チラシ、雑誌、看板、ブログ・・・それら全ての広告を利用するのは莫大な費用がかかりますので、自社のターゲットとなる人が「どのような広告をよく見ているか?」などを分析し、適切な媒体を選び、ホームページへ誘導することで、より費用対効果の高い広告戦略を行うことができるようになります。

<クロスメディアマーケティング図>

数ある広告媒体の中でも掲載する情報量に制限が無く、信頼度の高い媒体がホームページです。
クロスメディアマーケティングは各広告媒体を入口とし、ホームページへ誘導することで成り立ちます。
各広告媒体単体、ホームページ単体での広告戦略ではなく、組み合わせることで相乗効果を生み出し、費用対効果の高い戦略となります。

さて、ここまででホームページのことを何となくご理解いただけましたでしょうか?

<まとめ> ホームページは事業成功への最初のステップ!

ホームページは事業成功への最初のステップ!

■現在日本国内の3人に2人はインターネットを利用している。
■成功している企業の99.5%以上がインターネットを活用している。
■ホームページが「ある」「ない」では集客に大きな影響がある。
■ただ「あるだけ」のホームページではなく、ターゲットや戦略を考えたホームページが大切!
■ホームページを持った後は「運営・更新・活用」が大切!
■クロスメディアマーケティングをうまく利用しよう!

上記の内容を踏まえて、しっかりと効果的なホームページを作っていきましょう!